2010年05月20日

C++ stringクラスの使いかた サンプルコード

再びメモ

string str1("hello");
string str2("world");
string str3;

cin>>str3;
//自然な入力ができる。

string str;

str=str1+str3+str2;
//文字列の足し算、等号ができる。

cout<<str<<endl;
//出力ができる。

char c[80];
strcpy(c,str.c_str());
//charに直せる。

cout<<c;


ラベル:C++
posted by hougi at 14:12| Comment(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C++ ファイルバイナリ出力 サンプルコード memcpyの使用法。

C++においてfloatをバイナリ入出力することが必要になり、学習したのでメモ。

//////////////////////////////////////////////////////
float f;
f=-3.14/100;
cout<<f<<endl;

char fw[4];
memcpy(fw,&f,sizeof(float));
//char fw[]<float <f

ofstream ofs( "floatio.bin" ,ios::out|ios::binary) ;//output
ofs.write(fw,sizeof(float));
ofs.close();
//file<<char fw[]

char fr[4];
ifstream ifs( "floatio.bin" ,ios::in|ios::binary) ;
ifs.read(fr,sizeof(float));
//char fr[]<<file

float f2;
memcpy(&f2,fr,sizeof(float));
//float f2<<char fr[]

cout<<f2<<endl;

float f3;
memcpy(&f3,&f2,sizeof(float));
//float f3 << float f2;

cout<<f3;

///////////////////////////////////////////

出力結果
-0.0314
-0.0314
-0.0314
posted by hougi at 13:10| Comment(8) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。